なるほど納得!フコイダン

Evidence 高分子もずくフコイダンエビデンス

総論 高分子もずくフコイダン研究~海産物のきむらや開発研究室の軌跡~

生活習慣病予防・疾病リスク軽減に関する研究成果

  • 抗がん効果(動物臨床)
  • 副作用軽減効果(ヒト臨床)

生活習慣病予防・疾病リスク軽減に関する研究成果

  • 痛風
  • 血栓症
  • 関節痛
  • インフルエンザ

快適な日常生活を送るための研究成果

  • 腸内環境
  • 二日酔い

What’s “Fucoidan” フコイダンとは?

  • 高分子もずくフコイダンとは?
  • フコイダン研究の歴史

Laboratory

  • フコイダン生産の独自技術の開発軌跡
  • 精鋭のフコイダン研究陣

Library

  • 学術論文
  • 特許出願
  • 学会発表
  • 共同研究
  • フコイダン通信
  • 動画資料

おことわり

本サイトに記載された情報の無断複製、及び流用は著作権法上の例外を除き禁じます。また販売目的の場合は、薬事法に抵触するので使用しないでください。

なるほど納得!フコイダン

フコイダン用語集⑥ 「もずく」

2016.06.20 海産物のきむらや  | なぜなぜフコイダン相談室

フコイダンのことを調べていると、その原料となる海藻の「もずく」や「コンブ」の情報も、よく目につきます。もずくと共に、40余年生きてきた弊社にとって、もずくは食感・味・健康効果、ともに、世界に誇る素晴らしい食材です。今回は、その「もずく」について、少し紹介させて頂きます。

 

最も食べられているのは「オキナワモズク」

 

もずくと一言でいっても、様々な種類があります。主に食べられているのは、オキナワモズク、イトモズク、フトモズク、キシュウモズクなどです。中でも、太い身をもつ「オキナワモズク」は、通称「太もずく」として親しまれ、現在、国内で最も食べられているもずくになります。調理方法としては、昔ながらの三杯酢による味付が一般的で、スーパーに並んでいる個食パックも、酢で味付けしたものが中心です。最近は、自分の好きな調味料やレシピに合わせたい方も増え、味付なしの「洗いもずく」も人気があります。こちらは、お鍋や味噌汁の具に使われたり、夏場はめんつゆを付けて、そうめんのように味わっている方もおられます。

 

nattoku_008_001

 

 

もずくの殆どは養殖もの?

 

もずくは繊細な海藻なので、育つ環境がとても大切です。質のよいオキナワモズクは、光合成を促すように透き通る、綺麗な海でしか育つことができません。そのため、全体の9割以上が、沖縄で養殖されています。ここで「養殖」と聞くと、水槽のようなものでもずくを育てている姿を想像する方もいますが、それは違います。

オキナワモズクの養殖は、水深2~5mの海底で行われます。養殖網とよばれる網に、オキナワモズクの胞子を植え付けて海中に沈め、数十センチ以上の大きさに育つまで、漁師さんが毎日海底に潜り、小魚、外敵、異物など、手作業で除去して見守ります。これほど手間をかけているからこそ、沖縄のもずくは美味しく、品質に優れているのです。

 

nattoku_008_002

 

 

 

フコイダンに富む海藻「もずく」

 

もずくの表面には、フコイダンやアルギン酸などの多糖類が含まれます。これらは外敵や刺激から身を守るために、長い年月を経て、自然に備わった防御機能と考えられています。このフコイダンの含まれる量は、海藻の種類、産地、採取時期によって異なりますが、オキナワモズクが最も多いと報告されています。そのため、フコイダンの抽出には、良質で、効率も良い「オキナワモズク」の評価が高く、健康食品の素材として、広く利用されています。

 

nattoku_008_003

このページのトップへ