なるほど納得!フコイダン

Evidence 高分子もずくフコイダンエビデンス

総論 高分子もずくフコイダン研究~海産物のきむらや開発研究室の軌跡~

生活習慣病予防・疾病リスク軽減に関する研究成果

  • 抗がん効果(動物臨床)
  • 副作用軽減効果(ヒト臨床)

生活習慣病予防・疾病リスク軽減に関する研究成果

  • 痛風
  • 血栓症
  • 関節痛
  • インフルエンザ

快適な日常生活を送るための研究成果

  • 腸内環境
  • 二日酔い

What’s “Fucoidan” フコイダンとは?

  • 高分子もずくフコイダンとは?
  • フコイダン研究の歴史

Laboratory

  • フコイダン生産の独自技術の開発軌跡
  • 精鋭のフコイダン研究陣

Library

  • 学術論文
  • 特許出願
  • 学会発表
  • 共同研究
  • フコイダン通信
  • 動画資料

おことわり

本サイトに記載された情報の無断複製、及び流用は著作権法上の例外を除き禁じます。また販売目的の場合は、薬事法に抵触するので使用しないでください。

なるほど納得!フコイダン

フコイダン用語集③ 「食物繊維」

2016.04.25 海産物のきむらや  | よくわかるフコイダン用語

「フコイダンは食物繊維の一種です」という説明をよく見かけます。確かにその通りですが、そもそも食物繊維とは何でしょうか。何となく自然的で、体に良さそうなイメージを持つ方が多く、正確な意味をご存じの方は、意外と少ないのではないでしょうか。

ここで、食物繊維の定義について、ご説明いたします。

 

nattoku_004

太陽の輝きの下、育つ”沖縄もずく”。フコイダン、アルギン酸などの食物繊維に富む。

 

 

食物繊維 ─── 人の消化酵素で分解されない成分

 

「食物繊維とは」で検索してみてください。おそらく、”人の消化酵素では分解できない成分”といった説明が出てくると思います。

そう、食物繊維とは、自然に生まれたものだからでも、繊維状の成分だからつけられたものでも、ありません。「人の消化酵素で消化されない、難消化性成分」の総称としてつけられた名前が「食物繊維」なのです。一般的に、「消化」とは、胃酸や消化酵素などによって、食品が”低分子成分”に分解される現象を示します。また、吸収とは食品に含まれる栄養素が消化されて、小腸や大腸から取り込まれる現象です。

 

 

消化できない=役立たず の公式を崩した研究

 

フコイダンを含む「食物繊維」は、胃酸や消化酵素では分解されにくい性質を持ちます。そのため、長い間、栄養学的には役に立たないものとされてきました。しかし、イギリスの医師が、大腸癌にかかることが稀なアフリカ原住民と、大腸癌の多いイギリス人とを比較した結果、

「アフリカ原住民がイギリス人の約4倍の食物繊維を摂取していること」

「1日の排便量も約4倍であること」

などから、食物繊維の摂取量と大腸の病気の相関性を見つけました。

そして1970年代に論文で発表。食物繊維は一躍注目されるようになったのです。

とはいえ、食物繊維を摂っている人の大腸癌の発生率は必ずしも低くはなく、食物繊維の摂取量と大腸ガンの発生率には関係がないとする意見もあります。「食物繊維さえ摂っていれば、大腸癌が予防できる」という単純なものではないのでしょう。

 

食物繊維のもつ”三次機能”

 

また、最近の食物繊維に関する研究では、栄養素としての働きだけではなく、別の働き(三次機能)を持つことも分かってきました。食物繊維の三次機能として、

・便の量を増やして便秘を防ぐ

・心筋梗塞、糖尿病、肥満などの生活習慣病の予防に役立つ

などが報告されています。

nattoku_005

 

「低分子」と食物繊維

一般的に低分子フコイダンは吸収され易い、といわれますが、低分子でも高分子でも、分子量に関わらず、フコイダンは人体の構成成分ではないため、体内に栄養素として消化吸収されることはありません。食品を体に生かすには、栄養素(一時機能)、美味しさ(二次機能)だけでなく、三次機能への視点が大切なのです。

このページのトップへ